返済 取り立て

MENU

借金 返済 取り立て

リプロスキン

キャッシングやカードローンなど、世の中には便利に即日で借金する事もできれば、クレジットカードのリボ払いなどのように、後日請求をされるケースなど、手持ちの現金がなくても借金ができます。

 

一方、借金したまでは良かったものの、順調に返済を続けていたにも関わらず、例えば会社の倒産や解雇に伴って、失業したり、病気になった事で、収入が落ち込んでしまったり、逆に家族の事で出費がかさんだりして、収支のバランスを崩してしまい・・・

 

結果的に、借金返済が続けられなくなってしまう事もあります。

 

 

そこで、借金返済の相談ができれば良いのですが、誰にも内緒でした借金だったり、自己責任で解決したいという事から、現状を乗り切るために、さらに借り入れを増やしてしまったり、時には闇金などに手を出してしまい・・・

 

結果的に、借金返済どころか生活にも支障が出てしまう事もあり、とても危険な状態という方も少なくありません。

 

 

そして、気づけば借入先からの督促(取り立て)が始まり、取り立てから逃げる日々で、精神的に追い込まれたり、一人で悩んで心身の不調を招いたり、公私ともに上手くいかないという事になる事もしばしば・・・

 

 

取り立てされても、返せる目処がない日々にさようなら!

そして、督促(取り立て)の連絡は止む事もなく、連日のようにメールだったり、電話だったり、場合によっては手紙で送りつけられてきたりと、行動もエスカレートされてしまい、結果的に放置してしまう事もありますが・・・

 

実は、借金返済が出来ない、取り立てが厳しいと言っても、それが理由で借金返済を放置してしまい、そのままにしておく事は、望ましい事ではありませんし、いつまでも解決の目処が立ちません。

 

 

それよりも、きちんと借金返済できない旨を正々堂々と相手に伝えた上で、問題解決に向けた話し合いを行う方が、心身ともにすっきりしますし、望ましい事ですので、しっかりと相談して下さい!!

 

と言いたいところですが、そう簡単に相談できるものでも無いかと思います・・・

 

 

そこで、オススメしたいのが、「債務整理」と呼ばれる方法で、債務整理には以下の4つの方法があり、それぞれの方法を現状を確認した上で手続きするようにして、借金問題を解決するのが良いかと思います。

 

 

まず、債務整理についてですが、

 

  1. 任意整理 債務者との間で和解し、将来利息をストップし、元金のみの返済や分割返済などで返済できるように調整する事。
  2. 自己破産 破産の手続きを経て、借金をチャラにしてしまう事。
  3. 民事再生 債務者との間で再生計画を作成し、大幅な債務圧縮を行った上で、返済できるように調整する事。
  4. 特定調停 調停委員が調整し、債務者と債権者の意向を聞きながら返済できるように調整する事。

 

この中から、あなたに最適な方法で債務整理を進めていくのですが、どの方法が良いか??は、借金問題に詳しい専門家と相談しながら決めた方が、あなたの将来にも繋がる事ですので良いかと思います。

 

 

ちなみに借金問題に詳しい専門家についてですが、今の法律では弁護士と一部の認定司法書士が、借金問題を処理できるようになっていますので、信用のおける専門家に相談をするのが望ましいかと思います。

 

もし、専門家探しで悩むような事がある場合は、当サイトでオススメする借金問題に強い専門家もいますので、そちらで探してみるのも良いかと思います。

 

 

今一番注目の相談スタイル! チャットで匿名相談可

 

 

※相談は、何度でも無料ですので、安心して納得いくまでチャットで確認しましょう!

 

 

その他、債務整理の評判が気になる場合は、弁護士や司法書士をしっかりと吟味して選択した方が良いかと思いますので、参考にして頂ければと思います。


奨学金 返済 取り立て

先日ニュースで読んだのですが、奨学金返済にも取り立てビジネスというものが存在するそうですね・・・

 

奨学金といえば、学業支援というイメージがあったので、このタイトルを見た時は、「マジでか〜??」と思ったのが本音です。

 

 

以下、奨学金の返済について、訴訟になった実例を照会したいと思います。

 

東京都内に住むA氏 日本学生支援機構から90万円の支払いを求める訴えを起こされる。

 

東京地裁でのやりとりは以下の通り。

 

A氏    年収が約100万ほどなので、月々の返済が12,000円だと厳しいので、10,000円以下にしてほしい。
裁判官  間をとって、11,000円でどうですか?
A氏    それでお願いします。
支援機構 11,000円では厳しいです。

 

というやりとりが繰り返されたのですが、最終的に和解に持ち込む事はできても、嫌がらせとも言いかねない取り立て手法と言いますか、追い込みだと思いました。

 

 

それが、さらにA氏のケースでは、「時効だとわかっていた分も上乗せして、最初の請求は300万円だった」というから驚きなのですが、この事実は法テラスに相談にいった事で、返済義務の無い時効分がある事が分かって、210万円の時効分を差し引いての取り立てだったという事なのです・・・

 

 

奨学金の取り立てが大きなビジネスに

データによると、2006年に1,181件の支払督促の申し立て件数だったのに対し、2010年には7,390件と7倍近くに膨れ上がっています。

 

さらに、給料の差押えも行われるなど、強制執行も辞さないというのが、奨学金ビジネスの取り立てスタイルなのです・・・

 

 

これらを読んでいると、消費者金融などの返済取り立ては、貸金業法で制約がある分、無茶が出来ないのに対して、手段を選ばない奨学金制度の取り立てビジネスは、ちょっと驚きを隠せない感じがします・・・

 

 

今回のA氏のように、きちんと法テラスで弁護士に相談した事で、素人では判らないところが分かる事もありますし、大幅に返済額を調整する事が出来る可能性もあります。

 

これらを考えると、「自分一人で悩むよりも、まずは専門家に相談してみる」事は、とても大事な事だなと改めて気付きます。

 

 

もし、何かの返済ができなかったり、取り立ての日々に悩むことがあれば・・・

 

当サイトの情報を参考に、相談してみるのも一考かと思いますので、参考にして頂ければと思います。

 

【参考情報】 任意整理対象会社一覧
※大手の金融業者だけでなく、中小貸金業者も多数ありますので、これらの会社も任意整理の対象に含まれます。

 

株式会社エア・ウォーター企業、株式会社ジャックス、株式会社札幌北洋カード、中道リース株式会社、平和興産株式会社、道銀カード株式会社、株式会社千代田信用、小畑平蔵商事株式会社、株式会社伊東商事、株式会社東北しんきんカード、株式会社七十七カード、株式会社東北ジェーシービーカード、株式会社東邦カード、あおぎんカードサービス株式会社、株式会社秋田ジェーシービーカード、きたぎんユーシー株式会社、きらやかカード株式会社、株式会社福島カードサービス、株式会社いわぎんディーシーカード、株式会社いわぎんクレジットサービス、株式会社大東クレジットサービス、株式会社東邦クレジットサービス、株式会社秋田国際カード、みちのくカード株式会社、フィデアカード株式会社、やまぎんカードサービス株式会社、ゼビオカード株式会社、東和商事株式会社、ヤマトクレジットファイナンス株式会社、東光商事株式会社、アコム株式会社、株式会社アサックス、泰平物産株式会社、株式会社クレディセゾン、株式会社日光商事、三菱UFJニコス株式会社、株式会社オリエントコーポレーション、オリックス株式会社、株式会社エイワ、豊和商事株式会社、オリックス・クレジット株式会社、東急カード株式会社、株式会社ジェーシービー、SMBCファイナンスサービス株式会社、イオン住宅ローンサービス株式会社、菱信ディーシーカード株式会社、株式会社あしぎんカード、株式会社八十二ディーシーカード、リコーリース株式会社、タイヘイ株式会社、芙蓉総合リース株式会社、株式会社日産フィナンシャルサービス、三菱UFJリース株式会社、東京センチュリーリース株式会社、三菱電機クレジット株式会社、日立キャピタル株式会社、昭和リース株式会社、東銀リース株式会社、興銀リース株式会社、アメリカン・エキスプレス・インターナショナル・インコーポレイテッド、みずほファクター株式会社、第四ジェーシービーカード株式会社、ちばぎんジェーシービーカード株式会社、りそなカード株式会社、さくらカード株式会社、株式会社労金カードサービス、北越カード株式会社、株式会社常陽クレジット、株式会社東京クレジットサービス、株式会社しんきんカード、株式会社群銀カード、三井住友トラスト・カード株式会社、フレックス株式会社、むさしのカード株式会社、第一生命カードサービス株式会社、出光クレジット株式会社、ニッセイ・リース株式会社、株式会社レオパレス21、SMBCコンシューマーファイナンス株式会社(プロミス)、NTTファイナンス株式会社、株式会社TSBキャピタル、朝日生命カードサービス株式会社、トヨタファイナンス株式会社、ナイスコミュニティー株式会社、株式会社京葉銀カード、ちばぎんディーシーカード株式会社、株式会社エムアイカード、ダイヤモンドアセットファイナンス株式会社、東和カード株式会社、とみんカード株式会社、株式会社損保ジャパン・クレジット、宝栄株式会社、第四ディーシーカード株式会社、東京海上日動ファイナンス株式会社、長野カード株式会社、たいこうカード株式会社、商工中金カード株式会社、株式会社セゾンファンデックス、株式会社とちぎんカード・サービス、株式会社八千代クレジットサービス、株式会社ゼロファースト、山梨中銀ディーシーカード株式会社、株式会社いばぎんカード、新生フィナンシャル株式会社、三井住友トラスト・ローン&ファイナンス株式会社、東日本銀ジェーシービーカード株式会社、スルガカード株式会社、財形住宅金融株式会社、シンキ株式会社、株式会社アイエスアイ、アルプスファイナンスサービス株式会社、株式会社モビット、ビジネクスト株式会社、CFJ合同会社、株式会社東武カードビジネス、株式会社ホンダファイナンス、株式会社セブン・カードサービス、SBIモーゲージ株式会社、ポケットカード株式会社、イオンプロダクトファイナンス株式会社、株式会社エール、島屋クレジット株式会社、センチュリーファイナンス株式会社、ジェイ・シー・エフ株式会社、株式会社ジャパンデンタル、野村證券株式会社、シティカードジャパン株式会社、ヤフー株式会社、株式会社エポスカード、首都圏リース株式会社、三菱UFJファクター株式会社、協同住宅ローン株式会社、株式会社日医リース、オリックス債権回収株式会社、ユーシーカード株式会社、大和証券株式会社、株式会社サンステージ、株式会社NTTドコモ、株式会社リロ・フィナンシャル・ソリューションズ、MMCダイヤモンドファイナンス株式会社、東洋プロパティ株式会社、全宅住宅ローン株式会社、株式会社ジェイ・モーゲージバンク、株式会社ライフランド、株式会社優良住宅ローン、三井住友ファイナンス&リース株式会社、全宅ファイナンス株式会社、ぐんぎんリース株式会社、JA三井リース株式会社、ちば興銀カードサービス株式会社、日本モーゲージサービス株式会社、株式会社ジャパン・ファイナンシャル・ソリューションズ、SMBC日興証券株式会社、株式会社ビューカード、日本GE株式会社、株式会社コメリキャピタル、一般社団法人生活サポート基金、株式会社ファミリーライフサービス、株式会社ゴールドポイントマーケティング、株式会社ビジエンス、株式会社建設経営サービス、ライフカード株式会社、株式会社セブンCSカードサービス、楽天カード株式会社、株式会社リンクス、りそな決済サービス株式会社、IBJL東芝リース株式会社、SMBCフレンド証券株式会社、三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社、三井住友トラスト・パナソニックファイナンス株式会社、NECキャピタルソリューション株式会社、一般財団法人競馬共助会、株式会社ビジネスパートナー、ALC.japan株式会社、株式会社エービーシーファイナンス、KDDIフィナンシャルサービス株式会社、SBIマネープラザ株式会社、サーラフィナンシャルサービス株式会社、ダイレクトワン株式会社、株式会社三重銀カード、株式会社百五ディーシーカード、株式会社愛銀ディーシーカード、株式会社十六カード、株式会社名古屋カード、静銀ディーシーカード株式会社、共立クレジット株式会社、株式会社中部しんきんカード、株式会社中京カード、株式会社ユニーファイナンス、第三カードサービス株式会社、株式会社名古屋エム・シーカード、株式会社UCS、清水リース&カード株式会社、リビング・サポート株式会社、静銀セゾンカード株式会社、株式会社クレディア、株式会社セディナ、東海東京証券株式会社、北陸商事株式会社、株式会社北国クレジットサービス、株式会社北陸カード、三県商事株式会社、株式会社福井カード、富山ファースト・ディーシー株式会社、福邦カード株式会社、株式会社プライメックスキャピタル、富士クレジット株式会社、株式会社日本保証、三井住友カード株式会社、株式会社近畿しんきんカード、京都クレジットサービス株式会社、アイフル株式会社、ディー・エフ・エル・リース株式会社、シャープファイナンス株式会社、株式会社池田泉州JCB、株式会社滋賀ディーシーカード、株式会社関西クレジット・サービス、積水リース株式会社、京銀カードサービス株式会社、JFRカード株式会社、ニューファイナンス株式会社、株式会社みなとカード、株式会社ディーアイ、株式会社紀陽カードディーシー、株式会社紀陽カード、南都ディーシーカード株式会社、株式会社池田泉州VC、南都カードサービス株式会社、株式会社しがぎんジェーシービー、ビアイジ株式会社、三鷹産業株式会社、ニッセン・ジー・イー・クレジット株式会社、イズミヤカード株式会社、株式会社京阪カード、株式会社日証、大和ハウスフィナンシャル株式会社、株式会社アプラスパーソナルローン、株式会社アプラス、株式会社アイビーネット、株式会社アップス、株式会社キャネット、株式会社ペルソナ、株式会社クボタクレジット、倉敷金融株式会社、株式会社産興社、全日信販株式会社、山陰信販株式会社、株式会社中国しんきんカード、日本海信販株式会社、もみじカード株式会社、株式会社やまぎんカード、中銀カード株式会社、ひろぎんカードサービス株式会社、株式会社とりぎんカードサービス、西京カード株式会社、トマトカード株式会社、株式会社ゆめカード、しまぎんユーシーカード株式会社、株式会社青山キャピタル、天満屋カードサービス株式会社、株式会社百十四ディーシーカード、株式会社四国しんきんカード、株式会社愛媛ジェーシービー、株式会社高知カード、株式会社西日本ジェーシービーカード、株式会社いよぎんディーシーカード、株式会社いよてつカードサービス、阿波銀カード株式会社、株式会社えるく、トモニカード株式会社、株式会社セントラル、株式会社アスト、株式会社フジ・カードサービス、九州日本信販株式会社、九州カード株式会社、KCカード株式会社、株式会社九州リースサービス、株式会社十八カード、モデルクレジット株式会社、株式会社大証、株式会社モデル百貨、シティックスカード株式会社、株式会社井筒屋ウィズカード、株式会社しんわ、株式会社キューコーリース、株式会社第一ゼネラルサービス、株式会社eコーポレーション(eクレジット)、株式会社FFGカード、株式会社エム・アール・エフ、株式会社九州しんきんカード、株式会社大分カード、株式会社鹿児島カード、株式会社オーシー、肥銀カード株式会社、株式会社日専連ファイナンス、株式会社ヒタックスカード、株式会社レンツ(シティクレジットレンツ)、宮銀カード株式会社、株式会社キャネット、株式会社りゅうぎんディーシー、株式会社おきぎんジェーシービー、株式会社OCS

 

引用先 〜金融庁HP内 貸金業者登録一覧〜

 

 

返済 取り立て トップへ戻る

更新履歴